生命保険の裏側を知り愕然とする

生命保険の裏側を知り愕然とする

加入している生命保険への不信感からFP相談、自分でネットや本を買って調べていくうちに、生命保険会社、生保外交員、そして生命保険商品の裏事情を知る事ができました。

 

ここで、自分が知った事をいくつかシェアしたいと思います。

 

利率が良かった頃の「お宝保険」は、生命保険会社にとって早く解約させたいので、転換させようとする事が多い。

生保販売員は、ひとつの契約をとると、販売手数料をもらえるが、加入して1年ちょっと(保険会社によって違う)の場合、ペナルティーが科せられる。特に加入して間もない解約は、かなり厳しい。ペナルティは、すでに受け取った手数料を返還したり、給料や成績が下がったり、色々です。

低解約返戻金型終身保険は、保険料が安く抑えられるが、満期まで掛け続けられる人は少ない。生命保険の無料相談では、FPが「貯蓄代わりにもなる」とやたら勧めたがるが、これは販売手数料が高いからというのもあると思います。もちろん、保険料の払込期間中に解約しない自信のある方にもすごく魅力的でよい商品だと思いますが、途中で解約してしまう危険性のある方は絶対に入ってはいけない保険です。

生命保険の無料相談は、FPが販売手数料目的で保険商品を勧めてくる可能性もあるので注意が必要です。無料相談のFP、皆がそういうわけでもありませんが、鵜呑みにするのも×です。参考程度にしておくといいです。また店舗型の場合は、テナント料や人件費もあり、よい評判を聞かないです。というかついに金融庁から規制が入りましたよね。

がん保険をなぜ単独であるのか?癌治療は、入院よりも通院で治すほうが多く、放射線治療などお金がかなり掛かる。医療保険の入院保障だけでは対応しきれないので、がん特約やがん保険を持つと安心。

日本において、高額医療制度に勝る保険は今のところない。

生命保険の無料相談