生命保険会社の説明不足

生命保険会社の説明不足

生命保険のトラブルでは、保険の保障内容の説明不足も多いです。

 

生命保険会社の説明不足トラブル

 

生保レディの説明不足だけでなく保険会社の約款もあえて契約をとるのにマズイ事は小さく目立たなく書いてあるような気がする!?

 

説明不足による苦情の中で、保険金の支払いがされなかったり減額されたりというのが多いのは、実は、死亡保険金・高度障害による保険金ではなくて、三大疾病など特約部分に関するものです。死亡保険金などは、わかりやすいので契約者側も納得してるケースが多いですが、特約部分というのは、見えにくいというか判りにくくなっています。

 

三大疾病

 

例えば「がん」の特約をつけていたのに、実は「悪性がん」のみ対象で、「上皮内がん」は対象にならないとか。現在、癌がみつかるとすると、上皮内がんのほうが多いです。国内大手の生命保険会社のがん特約は「悪性がん」のみ対象というのが多いので、皆さんもチェックしてみて下さいね。折角、がんの特約を付けていたのに、余命数カ月の末期がんでしか保険がおりないなんてバカな話・・・実はたくさんあるのです。

 

生命保険会社の説明不足トラブルを避ける方法

 

保険会社だけが悪いのではありません。契約者も保障内容についてよく確認することが大切です!

生命保険の無料相談

生命保険会社の説明不足関連ページ

保険金が支払われない
生命保険会社のトラブルや苦情に多い事例。一番多いのはやはり、いざ保険金が支払われるときに支払われなかったという最悪のケースではないでしょうか?「契約時の告知違反を指摘されて保険金が支払われない」コレ、本当に多いらしいです。
生命保険の転換
生命保険に関する苦情やトラブル例を紹介しています。今回は、「生命保険の転換」にまつわるトラブルです。最初に契約した生命保険の終身保険。いつの間にか転換・・・転換・・・転換・・・アレ、今どんな内容の保険だっけ?こんな感じになっている人は要注意です!
入院給付金の日数
生命保険に関する苦情をネットで探していたら「これはとんでもないな」と思ったものがあったので紹介しますね。入院給付金に日数についてのトラブル事例です。通販系で有名な○○○の保険のようですが・・・。
高齢者の生命保険
生命保険のトラブル、高齢者からの相談が急増中だそうです。国民生活センターのHPからの情報です。高齢者はお金を持っているイメージがあり狙われやすいのでしょうか?振り込めさぎもありますしね。高齢者の生命保険のトラブルの実例はコチラです。
生命保険の解約阻止
生命保険の解約は、生保レディーがあの手この手で阻止しようとします。自分の成績やノルマ、給料に反映されるので、阻止しようとするのは当然といえば当然ですが、度々、度が過ぎてトラブルになる事も非常に多いです。
生命保険の名前貸し
生命保険のノルマが厳しい時に、生命保険の外交員が知り合いに頼んで名前を貸してもらい契約をとります。保険料は、ずっと保険外交員が払い続けます。そして、この行為は、れっきとした保険業法違反に当たります。
更新時に保険料アップ
生命保険の保障内容をきちんと把握していないと起きるトラブルとして、更新時に保険料が大幅アップになっていたという事があります。日本の大手の生命保険会社に多いトラブルで、定期付きの終身保険などは、加入後10年で更新を迎え、保険料が大幅アップする事が多いのです。
保険外交員の対応トラブル
生保レディとのトラブルというと、保障の内容をきちんと説明しなかったりというのが多いかと思いますが、その他にも横暴な態度をとられたり、秘密をバラされたりと信じられない行為をされたという話もあります。ネット上でみつけた信じられない保険外交員を紹介しますね。